お知らせNews

年始年末休診のお知らせ
当院は令和4年12月31日(土)まで、通常診療を行います。
令和5年1月1日(日)~令和5年1月4日(水)、休診させていただきます。
令和5年1月5日(木)より通常診療を行います。
インフルエンザワクチン予防接種について
10月からインフルエンザワクチン予防接種が始まります。生後満6カ月以後から接種可能です。

●65才以上で、インフルエンザ予防接種問診票をお持ちの方は無料で接種します。
●台東区在住、15才までで、インフルエンザ予防接種券をお持ちの場合は、区より2,300円の補助が2回ありますので、1回にその差額1,200円のお支払いとなります。
●13未満までは2回接種します。2回目は2~4週あけて行います。
自費接種の場合は3,500円です。コロナワクチン同時接種も可能です。コロナワクチンはオミクロン株対応です。
ワクチン接種を希望される方は、事前にお電話でのご予約をお願いいたします。

インフルエンザワクチン予防接種は明確な予防効果があり、仮に感染しても重症化リスクを減らします。
お早めの予防接種をおすすめします。
発熱外来を行っております
当院は発熱外来を行っております。

発熱、倦怠感、風邪症状(ノドの痛み、咳、胃の違和感、嘔吐、下痢など)が見られた場合、お電話の上発熱外来の受診をお願い致します。
発熱外来は、医師の診察の上、公費負担でのコロナ抗原検査(鼻咽頭ぬぐい液)、あるいはコロナPCR検査(唾液あるいは鼻咽頭ぬぐい液)を行います。
コロナ濃厚接触者も公費負担での検査が可能です。
抗原検査は約15分、PCR検査は翌日夕方までに結果が判明します。
抗原検査、PCR検査は公費負担になりますが、診察料金や薬代は別途かかります。

当院では、自費コロナ抗原検査、コロナPCR検査も行っております。

料金:コロナ抗原検査:5,000円(税込)
コロナPCR検査(唾液または鼻咽頭ぬぐい液):20,000円(税込)
当院でコロナ検査陽性後 仕事復帰のためのコロナPCR検査:15,000円(税込)
令和4、5年度の休日診療日について
令和4、5年度は以下の日程で休日診療を実施いたします。

12月31日(土)
2月11日(土)
時間は9:00時~22:00時です。
専門外来について
当院では、毎週土曜日午前中、東京女子医科大学の呼吸器専門先生が専門外来を行っております。
(診療内容は、呼吸器疾病全般、無呼吸症候群、在宅酸素導入などです。)
6月から区民健診が始まります
当院では区民健診を行っております。受診票が届き次第、お早めに健診をお受けください。
新型コロナウイルス経口治療薬の処方が可能になりました
当院で新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「モルヌピラビル(販売名:ラゲブリオ)」の処方が認定されました。
患者様の症状などを踏まえ、医師が必要と判断した方に処方いたします。
健康診断・予防接種の受診につきまして
当院で健康診断や予防接種をご希望の方は事前に電話予約(03-3873-1234)をお願いいたします。
なお、電話予約につきましては診療時間内の受付となります。予めご了承ください。

診療内容Medical

当院の特長Features

院長ごあいさつGreeting

私は医師として総合病院に勤務し、救急医療を含め、病棟や外来、更に在宅医療にも携わってまいりました。日々、患者様と接する中で、病気の早期発見、早期治療並びに健康診断など予防医療がいかに大事かを身にしみて感じました。
昨今、高年齢化が進んでいる現代、患者様は複数の専門医にかかることが珍しくありません。
しかし、治療についての連携ができずに、薬の内容が重複するなど患者様の治療の全体像を把握して、適切な連携ができる真の意味でのかかりつけ医がいない状態に陥っているのではないかと危惧しております。
また、東京という国際都市は外国人も多く、日本語で病状説明がうまく表現できない患者様も多く見受けられます。そこで私は海外での臨床経験を生かして、外国語(中国語・韓国語・英語)を駆使してスムーズに医療を提供できるよう取り組んでまいります。
私たちスタッフ一同は患者様の健康管理、適切な医療連携を通じて、この地域に根差したかかりつけ医として患者様の力になり、役に立ち、信頼されるクリニックを目指します。

みのわ駅前クリニック 院長

みのわ駅前クリニック 院長

木ノ内 花(きのうち はな)

医師紹介